宮﨑製袋もうすぐ50年!ぱっくん☆
活動レポート

96  コロナ対策改装工事

 

コロナウイルス感染予防対策の一環として整備していた事務所の改装工事が終了しました。
 
遠方からの来訪者対応として、ソーシャルディスタンスを確保・飛沫防止パーテーション・非接触アルコールディスペンサー等を設置し、お迎えの準備を整えました。
いらっしゃる方も受け入れる側も不安になりがちですが、少しでも気持ちが落ち着けばという配慮です。
まだまだ感染拡大が微増である中で、社会経済を回していくという変化に対応したいと思います。

2020年10月29日

95  金陵会に参加しました

 
第72回金陵会に参加してきました。 新型コロナウイルス感染予防の影響で、約10ヶ月ぶりの開催。 前回のブログでご紹介させていただきました小長先生にもお会いできました。
2020年10月19日

94  フロンティアに挑戦…小長啓一

 
社長の西大寺高校、岡大の先輩に当たる元通産省事務次官の小長啓一先生「フロンティアに挑戦」から 感銘を受けた言葉を載せたいと思います。

梅型人生のすすめ(4つの特長
①百花に先んじて春を告げる先見性
極寒の中でジリジリ開花の準備をし、太陽のかすかな温もりを感知して、蕾を膨らませ咲いていく
②厳しい風雪に耐える辛抱
花が咲くまでは、風雪厳しく、人目につくこともない。フロンティアに挑戦している姿と相通ずる
③桜切るバカ、梅切らぬバカ
梅は剪定をよくしておけば、立派な花が咲く・剪定で切られても立ち上がるバイタリティをもっている
④梅干しとなり、世のため、人のためになる
行政を通じて、生涯世のため、人のために尽くす。役に立つ人間だから、役人と言うのだ
 
田中角栄の説く「5つの大切、十の反省」
①人間を大切にしよう
②自然を大切にしよう
③時間を大切にしよう
④物を大切にしよう
⑤国・社会を大切にしよう
 
①友達と仲良くしただろうか
②お年寄りに親切だただろうか
③生き物や草花を大事にしただろうか
④約束を守っただろうか
⑤弱いものいじめをしなかっただろうか
⑥交通ルールを守っただろうか
⑦親や先生など人の意見を聞いただろうか
⑧食べ物の好き嫌いは言わなかっただろうか
⑨人に迷惑をかけなかっただろうか
⑩正しいことに勇気をもって行動しただろうか
 
七つの大切
①身体を鍛え、大事にしよう
②与えられたポストに全力投球すること。ポストの不満は絶対に言わない
③全体の和を考える皆の協力の土壌に花は咲く
④バランス感覚と決断力大切、決断と実行力
⑤自分の言動に責任を持つこと。小さな約束を反故にしない
⑥自分を謙虚にみつめよう
⑦知識を広く、世界に求めよう。志とアンテナを高く持つこと
 
小長先生は、1984〜86年に通産省(現・経産省)で事務次官を務め、その後は「アラビア石油」の社長等を歴任、田中角栄首相の秘書官を務めたことでも高名な方です。
 
LinkIcon小長啓一の「フロンティアに挑戦」/村田博文
 

2020年10月15日

93  ハナミズキが咲きました

 
 

会社のハナミズキとサツキが今年もきれいに咲き誇っています!青い空にたくさんの愛らしい花をつけた姿に癒されます。ハナミズキの花言葉は、「返礼」「永続性」「私の思いを受け取ってください」などです。
 
「返礼」は、1912年、当時の東京市長がワシントン市へサクラを贈った返礼として、1915年に白いハナミズキ、2年後に赤いハナミズキが贈られたことから、花言葉としてつけられたそうです。日本語・英語共に「永続性」という花言葉を持っていますが、これは、ハナミズキがゆっくり確実に育ち、逆境に耐えて可愛い花を咲かせることから由来しているそうです。
 

2020年04月28日

92  明けましておめでとうございます

 
 

50周年まであと4年、不易流行の「変わるもの」「変えてはいけないもの」がありますが、目に見えない「おかげさまで46年の感謝・報恩の心」「信用」をこれからも大切にしていきたいと思います。
 

2020年01月01日
BACKNUMBER
※年号をクリックすると、記事一覧が表示されます